哲学・思想・散文・詩

哲学・思想・散文・詩

2020/10/30

村上春樹『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』の書評

村上春樹『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』のあらすじ解説 高い壁に囲まれ、外界との接触がまるでない街で、そこに住む一角獣たちの頭骨から夢を読んで暮らす〈僕〉の物語、〔世界の終り〕。 老科学者により意識の核に或る思考回路を組み込まれた〈私〉が、その回路に隠された秘密を巡って活躍する〔ハードボイルド・ワンダーランド〕。 静寂な幻想世界と波瀾万丈の冒険活劇の二つの物語が同時進行して織りなす、村上春樹の不思議の国。 村上春樹『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』の書評 地下鉄、青山一丁目、ボブ ...

Fred Perry(フレッドペリー)2018年S/S春夏新作PLEATED PIQUE DRESS

レトリカルパレード 哲学・思想・散文・詩

2020/9/24

世界の中心はここにある

港区お散歩の景色。 東京湾の向こう側のスカイツリーは少し遠いね。 自分のために歌って、生きて。 それが偶然に自分以外の誰かに交錯する。 生きる勇気を与えるために歌いますとか言えない。 結局は自分のエゴを伝えたいだけで、オブラートに包まれた嘘みたい。 霧が晴れたらどうなるの? 自分の何かしらのアクションがたまたま誰かの勇気がつながるのが理想。 感じるのはその人の自由。 どこまでも自分勝手に。 世界の中心はここにある。 そう、いつも自由だ。 またね。 The Charlene.(シャーレイン)Miu みゅーみ ...

サガン鳥栖、小野ゆ(小野裕二)、背番号40、レプリカユニフォーム(レプユニ)©2018 The Charlene. Miu All Rights Reserved.

レトリカルパレード 哲学・思想・散文・詩

2020/9/24

言葉の閉塞感

ブログを再開しないとマズイと感じたのは、「言葉の閉塞感」 意識的に自分と向き合う習慣を持つことは大事なことだ。 透明な数字でしかない「時」は見えないままただ流れていく。 たとえば、ブログ習慣がないときの「言葉の閉塞感」。 もちろん日々を生きる上で困ることはないのだけど。 自己の内世界にあるものを外に連れ出してくれるのが「言葉」なのに、どうやら内世界には雲のように高い壁ができてしまったのか、それとも扉の鍵をなくしてしまったのかのように。 本当は向こう側に行けるのにその方法がわからず、ただ行き場をなくしてしま ...

永遠のありか©2018 The Charlene. Miu All Rights Reserved.

レトリカルパレード 哲学・思想・散文・詩

2020/9/24

検索ワード「永遠のありか」でGoogle検索をすると?

検索ワード「永遠のありか」でGoogle検索 検索ワード「永遠のありか」でGoogle検索をすると、みゅーみゅのブログ記事「永遠のありかはどこ?」が出てきます。 Search Consoleを見てたら、検索ワードの一覧を見ていて気になったのが、検索ワード「永遠のありか」。 このワードでクロールされてるのが嬉しい。 Google先生はセンスあるね 笑 ありがとう(´ω`)✧ 永遠のありかは見つからないけど、憧れより今を生きていく。 ©2018 The Charlene. Miu All Rights Res ...

海を飲み干す The Charlene.(シャーレイン)

レトリカルパレード 哲学・思想・散文・詩

2020/9/24

自分自身が世界のフォルムそのものなのだよ

はろ〜べいべ( ˘ω˘ ) 負のプラス思考は怖い 油断するとプラス思考の顔したマイナス思考に取り憑かれる。 それを負のプラス思考と定義。 負のプラス思考だと、物事を前向きに捉えるように強く意識したり、不幸せの中の幸せを追求することで、現実が見えなくなる。 まるで、気付かないふり、避けてるふりをしているみたいに。 逃げの思考に陥りやすい。 素直なマイナス思考はプラス思考 場合によっては、マイナス思考の方がすごくドライで現実的になれるとも言えるよね。 世界の果ての冷たい氷の要塞に心を閉じ籠るみたいな。 近付く ...

スイカバー箱入りに入ってるスイカバー

レトリカルパレード 哲学・思想・散文・詩

2020/9/24

永遠のありかはどこ?

はろ〜べいべ( ˘ω˘ ) 永遠の物語では限りある命の尊さが語られるけど、それでも憧れるのは永遠。 AI(人工知能)の夢のある話も多いけど、それでも叶うかもしれないのは長寿であって永遠ではない。 そう、だからきっと憧れ続けるんだろう、永遠に。 明日が今日より素敵な日になりますように。 またね。 *✲゚*。 The Charlene. みゅーみゅ Miu Amane "雨音美詩" *✲゚*。 ♡1st EP「Morning Bless」全国CDショップ、iTunes、レコチョクなどで好評発売中♬ The C ...

no image

哲学・思想・散文・詩

2020/9/26

根性論とか叱咤激励は未だによくわからない

はろ〜べいべ( ˘ω˘ ) 根性論とか叱咤激励が嫌いなのは、それをする側を好む人は人に何かを指導できるほどの経験がないから説得力がない。 何であなたがそんなことを??と愕然とする。 経験値も高くて、尊敬できるような人で根性論や叱咤激励を好む人に会ったことがない。 根性論とか叱咤激励を外国語で表現しようとするといまいち表現がわからない。 もしかして、日本文化なのかなー、とも思う。 日本育ちの日本人だけど、根性論や叱咤激励は子供の頃から理解できないな。 明日が今日より素敵な日になりますように。 またね。 *✲ ...

哲学・思想・散文・詩

2020/9/26

心を折るのも情熱のしわざ

気持ちが折れることばかり。 冴えない気持ちの代償はきっと幸せ。 かなり前払いしてるから早く。 信じるしかない。 たまには寝よう。 強い情熱はネガティヴな感情と背中合わせ。 情熱に心を掴まれて振り回される人生の方が良い。 情熱がなければ楽かもしれないけど、情熱を失った人生を想像すると怖い。 ネガティヴとの戦いは強い気持ちでもあるのだ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

レトリカルパレード 哲学・思想・散文・詩

2020/9/24

どこまで行っても心は掴めない、動かすことならできるけど

はろ〜べいべ( ˘ω˘ ) 自分の世界を守ることに精一杯で他のことは見えないよ。 自己満足以外に幸せはないと思う。 他人の心は支配できないから。 自分自身が心から自己満足するだけのことを成し遂げて、そのことで誰かの心を「動かす」こと。 他人に何かを訴えるなら、それしかない。 だけど、世の中は欲しがりが多い。 なんでかな。 明日が今日より素敵な日になりますように。 またね。 *✲゚*。 The Charlene. みゅーみゅ Miu Amane "雨音美詩" *✲゚*。 ♡1st EP「Morning Bl ...

©︎The Charlene. Miu http://thecharlene.com

哲学・思想・散文・詩

2020/10/30

穏やかに日々を生きる

はろ〜べいべ( ˘ω˘ ) 穏やかに。 濁ることなく生きていきたい。 自分らしく、望む世界を引き寄せるように日々を過ごさないと。 女の子は共感の生き物と言うけど、よくわからない。 共感して何か生まれるのかな。 心が濁る言葉より、自分の人生をひとつひとつ切り開くような、目的を達成する手段を考えることに心を使いたい。 世界を見渡してもそうだけど、よその国や他人への関心をなくせばきっと平和になるのにね。 さぁ、5月が終わる。 6月はどう生きようか。 ©︎The Charlene. Miu http://thec ...

©︎The Charlene. Miu http://thecharlene.com

哲学・思想・散文・詩

2020/9/26

夜が溶ける朝焼けの空を雲のドラゴンが空を泳ぐ

はろ〜べいべ( ˘ω˘ ) やっぱり夜を生きる住人みたい。 夜を生きると月や星が見れて、その景色が今度は朝焼けに吸い込まれていく。 夜の音はとても静かで少し怖いくらい。 世の中がもっと夜型人間に優しくなればいいのにな。 睡眠不足の悪魔に呪われながら太陽の下を今日も生きる。 ©︎The Charlene. Miu http://thecharlene.com 矛盾しながら日々は続く。 明日が今日より素敵な日になりますように。 またね。 The Charlene. みゅーみゅ Miu Amane "雨音美詩" ...

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

哲学・思想・散文・詩

2020/9/26

五月病は英語でMay blues。希望と不安の青に包み込まれる季節かな。

はろ〜べいべ( ˘ω˘ ) 一般的な定義だと環境の変化が五月病の原因だと言うけど、季節の変わり目の体調不良だよねーっと思う今日この頃。眠かったり、ぼんやりしたり、疲れが取れにくかったり。毎年、五月はこんな感じ。春は嫌い、なんて一言も言いたくなる。 五月病のアメリカバージョンは冬休み休暇明けのJanuary blues、夏休み明けのSeptember blues。季節の変わり目ブルーはないのかな? 英語はどうして憂鬱をBlueって言うんだろう。 Blue Mondayとかさ。 綺麗な色なのにね。 晴れ渡った ...

© 2020 The Charlene.(シャーレイン)Miu ブログ