サガン鳥栖・サッカー

DHLジャパン、2018年シーズンも浦和レッズとトップパートナーシップ契約を更新

投稿日:2018年1月11日 更新日:

miu
「DHLジャパン、2018年シーズンも浦和レッズとトップパートナーシップ契約を更新」、プレスリリースより。

国際航空貨物輸送会社、DHLジャパン株式会社(略称:DHLジャパン 代表取締役社長:山川丈人 本社:東京都品川区)は、Jリーグサッカークラブチーム 浦和レッドダイヤモンズ(浦和レッズ、本拠地:埼玉県さいたま市)とのトップパートナーシップ契約を、12年目となる2018年シーズンも更新します。

浦和レッズの2018年シーズンユニホーム

浦和レッズの2018年シーズンユニホーム浦和レッズの2018年シーズンユニホーム

DHLのトップパートナーシップは、2007年浦和レッズが日本勢として初めて優勝を果たしたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場を機に開始され、昨年浦和レッズは10年ぶりに、日本のクラブチームとして初となる2回目のアジア制覇を果たしました。グローバルに輸送事業を展開し世界トップクラスの市場シェアを持つDHLは、今後も、日本一、そしてその上のさらなる高みを目指す浦和レッズの戦いをサポートしていきます。今回の契約延長により、引き続き、同チームの国内公式試合ユニフォームショーツおよびプラクティスウェア(練習着)の背面や浦和レッズのホームスタジアムである埼玉スタジアムにDHLロゴが掲出されます。

DHLジャパン株式会社 代表取締役社長の山川丈人は、「世界を相手に事業を展開するDHLにとって、最重要市場の一つであるアジアで強豪チームとして確固たる地位を築きつつあり、またJリーグ随一の熱烈なサポーター層、ロイヤリティーの高い顧客基盤を持つ浦和レッズは、まさにスポンサードにふさわしいクラブと考えています。DHLはこれからも、世界の舞台を見据え挑戦を続ける浦和レッズを、強力にサポートしていきます」と述べています。

浦和レッドダイヤモンズ代表取締役社長の淵田 敬三氏は「今シーズンも引き続きDHLの支援を得られることを大変光栄に思います。グローバルにビジネスを展開しているDHLは、日本からアジア、世界へと挑戦を続ける我々にとって理想的なパートナーです。再び国際舞台での挑戦ができるよう、チーム一丸となって今シーズンの試合での勝利に全力を尽くします」と述べています。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
The Charlene.(シャーレイン)Miu

The Charlene.(シャーレイン)Miu

音楽、教育、恋愛のメディアの運営しています。UK Rockをこよなく愛するバンドThe Charlene.(シャーレイン)のボーカルMiuです。作詞&作曲の大部分を手がけています。CDはタワレコなどにて全国発売中。配信はiTunes、レコチョクなど。愛用のギターはGretsch (グレッチ)のホワイトファルコン、作曲活動のパートナーです。佐賀県唐津市生まれ。東京育ち。2013年小学館CanCam新世代モデルセミファイナリスト。青山学院大学→慶應義塾大学在学中と人生2回目の大学生で哲学や美学を勉強してます。好きなブランドはFredPerry、アルマーニ、ZARA、CHANEL、エルメス。Jリーグはサガン鳥栖、今年のオススメは松岡大起、石井快征、樋口裕太のサガン鳥栖U18出身選手たち。今年のユニは、貪欲なプレイが魅力の小野裕二、素朴な世界的スーパースターフェルナンド・トーレス。海外サッカーならマンチェスターシティ。きっと水色に惹かれてる。暗号資産やブロックチェーンに興味あり。海外ドラマをよく見ます。ヴァンパイアズダイアリーならデイモン。東京タワーが見える部屋でぼんやり景色を眺めるのが毎日の至福の時間。

-サガン鳥栖・サッカー

Copyright© The Charlene.(シャーレイン)Miu公式Blog , 2019 All Rights Reserved.